子育てパパのゲーム事情

2児パパゲーマーのゲーム関連ブログです

2018年6月のPS Plus先行公開情報。名作インディーズの「スチームワールド ディグ」は是非プレイしてほしい。

どーも、パパゲです。

2018年6月のPS Plus先行公開タイトルの紹介です。

本公開の際には、100円ディスカウントやスペシャルの無料タイトルの紹介、個人的に気になるタイトル、既にプレイ済のタイトルのレビューも行う予定です。

2018年6月のフリープレイ

2018年6月のフリープレイタイトル一覧です。

PS4

  • XCOM® 2
    (ジャンル:高難易度RTS
  • スチームワールド ディグ
    (ジャンル:穴掘り探索2Dアクション)
  • Nidhogg
    (ジャンル:ぬるぬる対戦アクション)

PS Vita

2018年6月の先行公開分感想

簡単ではありますが、各ゲームの紹介などを。

XCOM® 2

エイリアンに支配された地球で、レジスタンスとして抗う高難易度ストラテジー

ターン制シミュレーション的な戦闘パートと、兵士や装備、施設の拡張を行っていく部隊運営パートを互い互いにこなして進めていくのが特徴です。

かなり頭を使う内容で、部隊運営パートの行動一つで戦闘パートの戦力は大きく変動し、また、戦闘パートでは一度死んだ兵士は復活しないという現実を突きつけられるルールにより、かなりの緊張感を持ってゲームをすすめることになります。

中々評判の良い作品ですので、洋ゲーアレルギーやストラテジーアレルギーが無いなら是非遊んでみたいと思える作品です。

スチームワールド ディグ

スコップなどを使ってひたすら地下を掘り進み、鉱石やアイテムを持ち帰ってお金に換えて、装備を整えて更に地下を目指していく穴掘り2Dアクション。

一度堀った穴は原則ずっとそのままなため、十人十色の攻略ルートが出来上がるのが面白いです。

道中は穴を掘るだけではなく、敵が出てきたりもしますし、ダメージゾーンもあり。また、横穴に入るとちょっと頭を使う必要のあるアイテム回収部屋なんかもありますので、ただただ単調に掘り進めていくだけではなく、飽きが来ません。

装備の新調による快適性の増加や、大ジャンプや二段ジャンプなどの能力の獲得が要所で挿入されるため、段々とやれる事が増えていくのも良い点ですね。次はどんな能力が手に入るのか?なんて楽しみながら穴を掘る事ができます。

数時間程度でゲームクリアすることができますので、重厚長大なゲームをやってる最中に息抜きでプレイするのが良いかも知れません。

続編である「スチームワールド ディグ2」も非常に面白いようなのですが、コンシューマ機ではNintendo Switchにしか発売されていないのが残念。

Nidhogg

1対1の対戦で、敵を蹴散らし奥へ奥へと進んでいくのが勝利条件の2Dアクション。

最終的には最奥にいるニーズヘッグに食われることで勝利が確定します。栄誉ある生贄になるためにひたすら頑張る狂気。

操作には複雑なコマンドはなく、間合いとタイミングが重要な、ほぼ一撃必殺の剣戟格闘と移動がメインとなります。

一撃必殺ではありますが、それ自体は特に勝敗条件とは関係ありません。敵も自分も直ぐに復活することができますし、前述したように最奥に進むことが勝利条件であるため、如何に相手を無視して奥まで進んでいけるか、如何に相手が奥に進もうとするのを邪魔するか、の熱い駆け引きを行っていくことになります。

見た目は一昔前どころか二昔三昔前感はありますが、動きはぬるぬる。変な中毒性のあるゲームです。

おわりに

過去に一度フリープレイ配信済みタイトルではありますが「スチームワールド ディグ」はかなりおすすめです。

シンプルで作業的ながらも頭も使う必要があり、ついつい熱中する面白さがあります。

2018年6月3日まではPS Plus3ヶ月利用権を500円で購入する事ができるため、未加入の方は是非加入してフリープレイを体験してみてはいかがでしょうか?
ikumenpapagamer.hatenablog.com